コラム

下半身(後肢)麻痺のMDが3回の治療で筋力が復活

2015年12月12日

柏市からみえたミニチュアダックスフントのあんずちゃん

先月24日頃から突然始まった左後ろ足の麻痺。頭を下に下げバランスをとって下半身を持ち上げるようにして前足だけで歩こうとする。
動物病院に現在も通院中でステロイドの注射とビタミンの投与。またレントゲン検査で胸椎の12、13に異常が見受けられるとのことでここにレーザー治療。5日前にステロイドが切れると症状が酷くなったとのこと。治療をするも効果がみられず当院をインターネットで調べて来院。
千田獣医師が診断を行い治療にあたる。
内容はC12、13間、L6、7間の傍ら、およびに左下肢に刺鍼し1,5Hzh12分の鍼通電と超音波治療を行う。

  1. 1診目(12月19日)
    直後よりナックリングが無くなり知覚反射が出てくる。
  2. 2診目(同月22日)
    前回帰宅してから普通に歩くようになり、今まで振っていなかったシッポを激しく動かすようになったとのこと。
    治療は前回と同様に行う。
  3. 診目(同月26日)
    左麻痺側(下肢)の萎縮して失われていた筋肉がほぼ元通りに回復し足が太って力強く歩けるようになっていた。治療は前回から胸椎を除いた部位のみの合計6本刺鍼。調子がいいので少し間を空けて様子をみることにした。
症例報告  2015年12月12日 11:34:48  [admin]

Facebookコメント

この記事へのコメント

コメントを送る

  ※ メールは公開されません
Loading...
 画像の文字を入力してください