コラム

セミナーの内容

2015年12月10日

この質問が多いので、以下に返信した内容をご紹介します

研修は、鍼が刺せて、治療ができるようになるには1日もあれば十分です。(遠方からの方が多いので、その日の午後からと次の日の午前)
基本的にそれぞれの先生のペースに合わせて個別に対応します。

内容は、最初に簡単な理論的なお話をしてから、すぐに鍼を刺す練習をしていただきます。すぐに刺せるようになりますので、午後から実際にワンちゃんの治療を行っていただきます。

事前に飼い主さん達に連絡し、研修に協力してくださるボランティア犬(3頭から10頭)を手配しておきます。1頭治療するのに約1時間弱で、3時間ほどで治療に自信が持てるようになります。

研修費用5万円を事前に振り込んでいただきましたら、ご希望があれば先に実演している動画を事前に見ていただくこともできます。どのようなものかご理解いただいた上で、お出でくださってもいいかと思います。

なお、患犬の飼い主さんには治療を行うのは獣医さんで研修を兼ねていることをあらかじめ告げてあり、協力していただくことになっています。
☆ボランティア犬募集中☆ワンちゃんの治療費は無料です。

また研修は1日(午前・午後)ないしは、前泊してお出でになる場合は当日の午後からと次の日の午前(内容は実質1日)。また、ご希望があれば自信がつくまで何回でも追加で研修に応じます。(初回以降の実技研修費は患犬の手配などもありますので半額を頂戴しております)

内容について事前の打ち合わせが必要です。詳しくはフォームで連絡をお願いします。

FAQ(Q&A)

Q:鍼灸の治療に興味がありますが、まったく知識はありません。セミナーの詳細など教えていただけるとうれしいです。

A:当会は営利を目的にした団体ではなく、動物への鍼灸治療に関する研究会ですので、セミナーといっても体系だったものを作っているわけではありません。基本的に個別指導というか、先生のレベルに応じて「1日間でとりあえず鍼が打てる」程度のこととお考えください。
もっとも、鍼が打てれば、そしてこのような疾患には主にどのようなツボを使うか?など基本的なことがわかれば、後は先生のお考えで治療をしてみて、結果を見て判断するということの繰り返しでどうにかなるものです。研修終了後は気楽にメールで相談を受けたりもしておりますし、私は鍼灸師ですが研究会に参加している獣医の先生方にSNSやメールで相互に相談することも可能です。往診主体にやっていらっしゃる女性の先生も多いので、どこかで待ち合わせしてお茶でもご一緒して検討するみたいなこともやっているようです。

Q:自院で鍼治療をするにあたってどのくらいの費用が必要でしょうか? 

A:鍼灸治療を始めるにあたって最初にかかる費用ですが、鍼(100本単位で購入可能です)これは業者さんを紹介しますので自分で購入して用意してください。他には、鍼通電用の低周波治療器(約5万円)や温灸器(数千円)程度あれば十分でしょう。鍼通電はやらない選択肢もあります。

Q:初心者にわかりやすく書かれた獣医(小動物)針治療の本は?

A:石野先生の著書などが分かりやすいのではないでしょうか。
本と医療機器の紹介ページを参照願います。

Q:全国の獣医鍼灸の研究グループなどをご存知ないでしょうか?

A::申し訳ありませんが、そのような情報に詳しくありません。
動物鍼灸のセミナーをやっているところもあるようですが、受講料が高い、内容が満足のいくものではなかったなど、受講された方々からお話を伺ったことがありますが、自分に合ったところを探すのは大変ですね。

一番勉強になると思われるのは、「社団法人 全日本鍼灸学会」へ入り、地域の会員の鍼灸院に見学に行き、後はそれを元に自分で動物に鍼をし実践の中から自分で掴み取ることしかないかと思います。ただし、入会資格に該当するような資格や研究実績があればの話ですが。もし興味がおありなら以下のところへ連絡してみてください。
(社)全日本鍼灸学会(http://jsam.jp/

FAQ  2015年12月10日 16:35:53  [admin]

Facebookコメント

この記事へのコメント

コメントを送る

  ※ メールは公開されません
Loading...
 画像の文字を入力してください